家族の座 ジャーナル

変えられない&くり返す 自分の持っている無意識の行動パタンを、癒やしながら手放していくコンステレーションのすべて

日常のコンステレーション

やりきった。悔いなしという終わり方(オーガナイザーとしての幸せ)

楽しい。という言葉がぴったりだった、1月21−22日開催の家族の座。総勢25人の大きな座でした。そしてオーガナイズさせてもらうというのは、幸せなことなんだな。という気持ちになった話(雑感)

アシスタントと言う立場から

ヘルパー、ではなくアシスタントとして、家族の座に参加して、あらためて思ったこと(雑感)

家族の座のファシリテーター師匠から受け継ぐもの

今日はDasoの引退の話から、思ったことを

1月21−22日(土日) 東京の家族の座を持って、ダソが引退します。

家族の座 1/21−22(土日)開催の参加者募集をしていますが、すでに2回の増席を持って満席。男性1名のみ枠があります。 この座を持って、ファシリーテーター斎藤ダソが引退を表明しています。気になっている方はこれを機にご参加ください

お金持ちの憂鬱。家族には変われる時期がある。

すごいお金持ちなのにしあわせじゃない。なんとかしたくても、変わらなくてもがいている。でも本当は変わりたくない。 親戚との立ち話に、なんだか切なくなった話