https://resast.jp/inquiry/52068

家族の座 ジャーナル

変えられない&くり返す 自分の持っている無意識の行動パタンを、癒やしながら手放していくコンステレーションのすべて

アナタをつくる男と女 〜男性性と女性性ってなんですか?

 

 家族の座コーディネーターのりんりんです。

 

私の中で、ときどきホットなテーマになる

男性性と女性性。

 

これだけでワークショップを開いたら

世の中の結婚とか、離婚とか

仕事に生きるとか、主婦だから・・・という女性の気持ち

主婦になれという男性の気持ち、からくるあれこれ

ぜんぶ解決するんじゃないの?

 

しあわせになるんじゃないの?

って思っている男性性と女性性

 

知ると(見ると)面白いんですよ

 

 

というわけで

家族の座的な話から、シリーズでご紹介します。

 

 

そもそも、男性性・女性性ってなんですか?

 

男性性・女性性っていうと

一般的には、男らしさ、女らしさみたいな

ジェンダーの話に思う方も多いのかもしれません。

 

ですが、ここでいう男性性・女性性はそうではなくて

エネルギーの質感みたいなもの

と思ってください。

 

 

それぞれ、こんな感じで分けられます。

<男性性>

分析、評価、判断、論理、攻撃、支配、決断力、積極性

など

いわゆるビジネスに使われるようなもの

あるいは、外に出ていくため

力を要するもの

細分化の傾向

のある質感のものが含まれていく

 

 

<女性性>

受容、包容力、共有、調和、安定、直感、感覚、感性、

柔軟性など

 

産み育て、はぐくむ、感じる

作る、守るような質感のものが含まれていく

 

聞いてみると、ああ〜。って思うものですよね。

 

で。

それがいわゆる男らしさ、女らしさ。みたいな

ジェンダーのイメージとつながっています。

 

 

 

ジェンダーじゃなくて、エネルギーの質感です

 

で。

ここが大事なところだなと思うんですけど

 

男性性と女性性は、

 

いわゆる男らしさ、女らしさという

ジェンダー的な、あるいは伝統的な?

一般的な?そんな基準みたいなもので

アナタに限定されるものではないってこと。

 

 

あくまでエネルギーなんです。

だから、例えば、炎のようなエネルギーといったら

強いですよね。

そして外側に出ていくパワーがある

=攻撃、支配、戦いみたいなイメージが

納得できると思います。

あるいは、叩き壊していく=細分化とか。

 

 

 

逆に包み込むようなエネルギーって行ったら

内側に向かっていく感じ。

守る、育てる、慈しむ。

LOVEな感じがしっくりきます。

 

 

というように。

 

紋切り型ではなくて、

どんな質感?

というのを感じてみてください。

 

 

人によって、質感も意味づけもみんな違う。

 

あと、面白いのは

人によって、みんな違うんです。

 

これ、やってみると、なんとなくつかめます。

 

私達って、抽象的な言葉を使うのが

オトナだと思っているけど

それって、論理、判断ですよね。

 

 

でも、自分の中で、その言葉に持っている意味や

それを聞いて思うことは全部違う。

それは、育まれる中で持った

経験やそれを感じたことが

全部違うからです。

 

 

 

心のことを知りたいし

自分を活かしたいと思ったら、

大事なのは、この□に持っているもの。

 

 

だから、男性性が〜、女性性が〜

というのは実は大きすぎて

自分には役に立ちません。

 

知識と理解には役立つけど、

使えないんですよ〜。

ってなりやすいです。

 

だから、地道に、1つ1つを感じてみるといい。

のです。

 

 

今日はここまでー!!

 

 

■家族の座セッションなどの詳しくはこちらから■□■

 

■登録無料★メルマガ 

家族の座ジャーナルM

登録はこちらから (募集の先行案内ほかをお届け)

 

〜〜WELCOME 感想・ご質問〜〜〜〜

このブログや家族の座への

ご質問・お便り・感想は✉️こちらから

楽しみにしています